ポーランドラグビー日記 2001年5月17日号

広沢 友也



練習した日 5月11日、14日、15日、16日

12日は初めて我がオグニボの試合を見に行きました。いつも練習してるグランドでのホームゲーム。入場料5ズウォーテ(約150円)でしたがチームメイトが入場係してて、俺は顔パス(自慢)。リザーブ入りできない人たちとスタンド観戦。この日は相手が現在1位のArkaとゆうチーム。僕の住むGdanskは隣のSopotと、そのまた隣のGdyniaと合わせてTri-Cityと呼ばれてるのですが、ArkaはGdyniaのチームなので近いこともあってたくさんの人が観戦に来てて全部で500人くらいの観衆でした。思ってたよりかなり多い。こんな大観衆の前でプレー出来たらいいなあと思った。しかも結構熱狂的に応援してる。
鳴り物もならしつつ。こんなにラグビー観戦を楽しむ人が多いとは思わなかった。意外。
Ogniwo,Sopot!ってゆう声とArka,Gdynia!って声が交錯する中、試合は進みました。我がオグニボも現在3位で今日勝てばまだ優勝戦線に残れるってことでかなり重要な試合。いつもいっしょに練習してる人たちが熱く戦ってました。首位争いにふさわしくお互いなかなかゲインを許さず前半はノートライのまま終了。後半ゴール前でハーフが抜け出しオグニボのトライ。結局11ー3で勝利!終了と同時にメンバーも観客もグランドになだれ込み、輪になって勝利の唄をうたった。俺はもちろん口パク。その後みんなと握手する。試合直後だし、首位を下したってことでみんなかなり興奮してた。俺は観戦中ビールを飲んでたのでトイレに行きたくてArka側のクラブハウスのトイレへ。敗戦のためArka側は沈んでました。でも正直にゆうと別に嬉しいってわけでもなく、やっぱ出なきゃしょうがないなと改めて思う。
あとやっぱスタンドで見てるだけじゃ強さとかわかんない。実際に当たってみないと。これは日本で試合見てる時も思うことです。勝ったことで残りの試合も消化試合じゃなくなり俺が出るのも難しく なりつつありますがなんとか出たい。

今週は月曜から水曜までレギュラーは休み。月曜は控え組が遊び的要素を取り入れた練習(by純也)で汗を流しました。鬼ごっこやオーストラリアンフットボールをアレンジしたゲームで。その後ラインアウト練をしたのですが、なんと控え組のラインアウトにも入れてもらえなかった!コーチ兼エイトのおっさんに全然認められてない!前途多難。
最近実力差とゆうか体格差を痛感してて、やっぱ出場は難しいかなあと思ってた矢先の出来事にがっくり。でも体格なら江平でもやってるから言い訳にならないよなあ。チクショー。おっさんにビックタックルかましたらなあかん。
この日は先週の試合のため、クラブハウスが掃除されてて俺のスパイクも倉庫の中へ。鍵を持ってる人が来ないため、この日はスパイク借りました。悪いことは重なる。夜トレーナーを部屋のベランダに干しときました。結構みんな干してるし。あとプラスチックのたらいに洗うべき服を入れてそれもベランダに置いといた。で、朝になったらたらいとトレーナーが消えてました。汚い洗濯物だけ残して。トレーナーはスペイン人のホアキンからもらった彼の大学のマークの入ったもので、第1回に書いたようにラグジャーが1着なくなったのでラグジャー代わりに使ってたのに。がっくり。たらいなんか要る?洗濯物のなかにあるナイキのTシャツの方がいいと思うぞ。ちなみに僕の部屋は2階です。登って来たんです。寝てて全然気がつかんかった。前も靴洗って干しといたら盗まれた。もうベランダには何も置けない。部屋が臭くなるよー。そして昨日犯人が判明しました!ホアキンと同じくハエン大学から来てるハビがトラムに乗ってたらハエン大学のトレーナーを着た16歳くらいの男を見たそう。ポーランドでハエン大学?と不思議に思ってたら、それは俺のだったのです。俺が見つけたら取り返したる。
でも最近寮に泥棒が入って2部屋空っぽになったそうです。テレビとか全て取られて。入り口にいるおばちゃんも窓はちゃんと閉めるように!と言ってました(多分)。

火曜はコンタクト系。スパイクもまだ倉庫の中。フッカー、ポペックが古いのくれた。
ここに来て初めて江平や白井の気持ちがわかったよ。結構しんどいんだね。
クラクラするもんね。最後にタックルフット。試合形式だと自然に声が出る。ラグビーはコミュニケーションが大事です。「いるよー」「ここ」「(ボールを)かせ(よこせ)」「(オフサイド)ライン」(つまりサイドに散れってこと)「右」「左」「地面」(ラックにしろってこと)「交代」(ポイントサイドに自分が立ってハーフを外に行かせる)「注意」(出るぞーってこと)。これだけ言えれば十分でしょ。話せるポーランド語の半分がラグビー用語。はりきるも途中で足がつって戦線離脱。トホホ。

水曜は雨上がりのグランドで地味練。

戻る